日本にあるギャンブルの紹介サイト

ギャンブル図鑑

ギャンブル

ギャンブル図鑑Vol.10「仮想通貨」


皆さん仮想通貨と聞くと、難しそうとか億単位のお金が盗まれたとか聞いて怖いイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?
実は仮想通貨はイメージしているよりも安全に取引ができ、また将来的にも持っていたほうがお得な通貨なんです。

そんな仮想通貨についての特徴を今回は初心者向けに4つにまとめましたので、この記事を読んで是非仮想通貨にチャレンジしてみてください。

仮想通貨とは現金の違いは?

仮想通貨というのは文字通り実態のない通貨の事を指します。
たとえば日本円の場合は日本銀行がお札や硬貨を発行して、政府がそのお金の価値を保証しています。

それが仮想通貨の場合は特定の国や機関が関わっていません。
今までのお金の価値というのは政府が決めて発行している、中央集権的な管理体制です。

対して仮想通貨の価値とは、これから価値が上がるかもしれないから購入して持っておこうという皆さんの需要によって決められています。

そこが現金との大きな違いです。

仮想通貨は、サトシ・ナカモトという人が作りました。
そこに興味を持った人たちが使い始めて流通システムを確立したのが始まりです。

そのため皆でお金の管理ができるように、持っている人全員でお金の動きを監視できるようなシステムを考案者のサトシ・ナカモトさんが作ました。(詳しくは口述させていただきます)
かなり大まかに要約すると、現金は国が価値を管理している中央集権だとしたら、仮想通貨は皆さんで価値を決めることができる民主主義のような仕組みのお金なんです。

仮想通貨になぜ価値があるのか?

2020年1月現在ではビットコインに85万円の価値がついています。
ではなぜ多くの投資家がビットコインに代表される仮想通貨に大きな価値を見出しているのでしょうか?

理由は三つあります。

セキュリティが非常に高い

一般的なイメージとしては、現金のほうが安心というイメージがあると思います。
相場が安定しているという意味ではそうですが、セキュリティという意味では意外と仮想通貨のほうが安心できます。

セキュリティの高さの理由として、分散型管理と言われるシステムを使用していることが挙げられます。
分散型管理とは、仮想通貨のやり取りを色々な端末で記録して管理するという意味です。

例えば、AさんがBさんにビットコインを送金したとします。
その情報をAさんとBさんだけでなく、別々のPCやサーバーなどに記録を残しています。

もし一部の端末の送金履歴を改ざんしても、別の端末との履歴を照合して改ざんされた場合でもすぐに復旧することができるのです。
もし履歴を改ざんするためには、記録が残っている膨大な数の端末の全てをハッキングしないといけません。

もちろんそんなことは不可能なので、セキュリティ的に非常に優れていることが分かります。

ブロックチェーン技術という画期的なシステム

仮想通貨のセキュリティを支えている技術が、ブロックチェーンと呼ばれる画期的な技術が有ります。

さきほど挙げた分散型管理とも似ているのですが、仮想通貨のやり取りの記録をブロックと呼ばれる台帳に残します。
それをいくつかのブロックに分けてネットワークで繋ぎます。

そのブロックの一つが仮にハッキングされて内容が改ざんされたとしても、ネットワークで繋がっている別の端末情報と照らし合わせて情報を修復することができるシステムなんですね。

画像で見ると分かりやすくなると思いますが、ブロックで分けた記録をいろいろな端末で監視しあっている状態がブロックチェーンと呼ばれる技術なのです。(詳しくいうと難しくなるのでイメージできれば十分だと思います)

もっと掘り下げることもできますがブロックチェーンだけで本が書けるくらいなので、興味がある方は是非お調べください。

マイニング報酬というものがある

仮想通貨には取引所や販売所で購入する方法と、もう一つマイニング(採掘という意味)という方法があります。
販売所などでお金を払って購入するのは簡単にイメージ着くと思いますが、マイニング報酬というのは仮想通貨独特の報酬です。

先ほど紹介したブロックチェーンと繋がる話ですが、仮想通貨の保有者みんなで取引を監視すると先ほど言いました。
そして監視するためには、最初にこの取引は正常な取引で間違いないですと認定しなければ正しいかどうか分からないので監視することができません。

つまり、ブロックに記録されているやり取りを正常な取引だと認定することをマイニングと言います。(このマイニングする人の事をマイナーと呼びます)

このマイニングの作業には、とても高性能なPCとサーバーが必要になるので個人でマイニングをするのは困難と言えます。
そのためクラウドマイニングと呼ばれる、マイニング専門の業者が資金を募ってマイニングの代行をするといったビジネスもあります。

しかしリスクもありますので、始める場合はよく調べてからにしてください。あくまでも投資は自己責任です。

電子マネーとの違いは?

電子マネーはプリペイドカードと同じで、扱いとしては現金をカードや決済端末にチャージして保有するものになります。
なので海外と取引しない限りは為替相場とは基本的に無関係です。

対して仮想通貨はFXと同じで市場によって価格が上下します。

ここが一番の違いですね。

そのため市場価値が下落すると、保有していた価値より下がって赤字になる可能性もあります。
逆に言えば市場が下がっている状態で購入して、そのあと価値が上昇した場合は利益も生まれる可能性があるという事です。

仮想通貨を利用する3つのメリットとデメリット

仮想通貨の概要は分かりましたが、それで何故みなさん仮想通貨を購入したがるのでしょうか?

それはもちろん購入するメリットがあるからです。
しかしその分デメリットもあるので、よく考えてから購入するか決めてください。

メリット

  1. 利益が大きくなりやすい
  2. 小額から投資できる
  3. 口座の開設審査が比較的甘い

利益が大きくなりやすい

一つ目は投資額にもよりますが、投資の代名詞の株式投資でも1日の変動率(銘柄の価値が上がるか下がるかのパーセント)は多くて3%前後、対して仮想通貨は10%前後も変動する可能性があります。
これは例えば100万円投資したとして、株式だったら4万の儲けですが仮想通貨の場合は10万の儲けが1日で発生するという事です。

小額から投資できる

投資と聞くと初期投資が高額でないといけないというイメージを持っている方も少なくないと思います。
しかし仮想通貨の場合は、1円からでも投資ができるので非常に気軽に触れることができるものになっています。

口座の開設審査が比較的甘い

仮想通貨を始める場合は証券口座を開設する必要があります。
例えば株式の場合なら会社によっては資産状況などで審査が通らない場合も多いです。

それに対して仮想通貨の場合は、資産状況はあまり重要視されません。
チェック項目をきちんと読んで意味を理解したうえで記入ミスさえなければ基本的に通ります。

これは小額投資ができるという観点見ても素晴らしいと思います。
口座開設キャンペーンなどでお得にスタートできるものもあるので、良く調べてから開設するといいでしょう。

デメリット

  1. 損失も大きくなりやすい
  2. 短期的な投資だと損する場合も
  3. 利用場所が限られる

損失も大きくなりやすい

メリットの欄に10%前後の変動率と書きました。
それは上がるだけではなく、下がる場合にも当てはまる事です。

先ほど100万の投資で10万の利益が出るとお伝えしましたが、それは裏を返すと10万の損失が出る可能性もあるという事です。

このリスクを承知の上で、相場が上がるか下がるかの見極めができれば上手に投資が出来るでしょう。

短期的な投資だと損する場合も

仮想通貨を購入すると、通常取引所に手数料を払う必要があります。これをスプレッドと呼びます。
仮にスプレッドを仮に4%だと仮定した場合、100万円分のビットコインを購入するのに必要なのは104万円という事になります。

なので短期間に何度も売り買いを重ねると、その都度4%分資産が減っていくことになるので注意しましょう。
結構初心者に多いミスなので、気を付けてくださいね。

利用場所が限られる

認知度が高くなったとはいえ、仮想通貨が使える場所は限られます。
日本でビットコインが使える飲食店とかコンビニとかはあまり聞いたことが無いと思います。

しかし逆に言えば将来的に仮想通貨の普及率が上がればその分、仮想通貨の価値があがり相場は上がりやすくなるともいえます。

そういった意味ではデメリットばかりとは言えないかと思います。

仮想通貨の未来は?

ここまでメリット・デメリットを絡めて仮想通貨の特徴をお伝えしましたが、将来的には大きい可能性を秘めた投資先と言えるでしょう。
なぜならばデメリットの項でもふれたとおり将来的に普及した場合、その利用価値は大きく上がり今以上に相場は上昇するでしょう。

実際に有名なアナリストが似たようなコラムをweb上でたくさん掲載しております。
あとは将来性に期待して投資するという意味では仮想通貨の積立という方法もあります。投資だとハードルが高いという人は積立貯金の感覚で初めてみるのもいいでしょう。

まとめ

今回は仮想通貨について簡単に説明させていただきました。
以下に要点をまとめましたので、気になる項目はより詳しく調べてみてくださいね。

  • 仮想通貨とは現金の違いは?
  • 仮想通貨になぜ価値があるのか?
  • 電子マネーとの違いは?
  • 仮想通貨を利用する3つのメリットとデメリット
  • 将来的にどうなるのか?

仮想通貨は認知度が高くなってきたのにも関わらず、その実態については一般にはあまり知られていません。
怖いイメージが先行しがちな仮想通貨の投資ですが、実際はもっと気軽に投資しても問題ないものです。

高い将来性もあるので、今のうちに少しずつ仮想通貨貯金をしていけば10年後には億万長者にもなっているかもしれませんね。
今回の記事を読んだあなたも是非お気軽に仮想通貨の世界に触れてみてください。

-ギャンブル
-,

Copyright© ギャンブル図鑑 , 2020 All Rights Reserved.