日本にあるギャンブルの紹介サイト

ギャンブル図鑑

ギャンブル

ギャンブル図鑑Vol.6「パチンコ」


タイトル「【初心向け】これであなたも上級者!パチンコのはじめ方」
パチンコに興味がある!パチンコって稼げるの?
パチンコ店って少し怖いイメージがあるから入りにくいなぁ。

そういう人は以外と多いと思います。
今回はそんなあなたに初めてでもすぐにパチンコができるように、丁寧に解説したいと思います。

パチンコの貸玉の値段について

まずパチンコには1玉につきいくらといったように、借りるために必要な値段が設定されています。
以下に値段を記載するので参考にして下さい。

  • 4円パチンコ=1玉につき4円 1000円で250玉出てくる
  • 2円パチンコ=1玉につき2円 1000円で500玉出てくる
  • 1円パチンコ=1玉につき1円 1000円で1000玉出てくる
  • 0.5円パチンコ=1玉につき0.5円 1000円で2000玉出てくる

このようにレートが違うので、初心者の方は初めやすい1円パチンコや0.5円パチンコから初めて見るといいでしょう。

お店にこのように表札が台や壁などに刺さっていると思うので、それを目印に選んでくださいね。

パチンコの遊び方について

台に座ったらまずお札を入れます。

台のすぐ横にお札を入れるところが有ります。

お札を入れると台の上皿の部分に玉貸ボタンがあるので、そこを押します。


玉を借りたらいよいよ遊戯スタートです!

台の左上辺りを狙ってください。 奥の方が入りやすかったり手前の方が入りやすかったり台によって違うので、自分で調整してみましょう。

画像で説明している部分に玉が入ったら液晶の図柄が回転します。
逆に玉が入らなかったら、いくらお金を入れても回りませんのでしっかり狙いましょう。

パチンコの大当たりについて

液晶の図柄がゾロ目でそろったら大当たりです。

大当たり時に右に思いっきりひねります。 台によっては右にひねらないタイプもあるので気を付けてください。
右下のアタッカーと呼ばれるところが開くので、そこに玉を入れると下から玉が出てきます。

下皿が一杯になったら玉抜きをして下さい。
玉抜き用のボタンは大きめで出っ張りになっているので、分かりやすいとは思います。
ですが分からない場合は店員さんに聞いてください。

店員さんは初心者にとてもやさしいので安心して聞いてくださいね。

パチンコの確変について

パチンコの大当たりには確変と呼ばれるものが有ります。
確変とは簡単に言うと確率変動の略です。

普段は台によって違いますが、1/320くらいの確率で大当たりの抽選を行ってます。
台によって変動率は違いますが、大体元の大当たり確率から1/3くらいに高くなります。

また確変から次回の大当たりが、また確変に繋がる確率を確変継続率といいます。
玉が減りにくい状態になっているので、次回大当たりまでに玉が無くなった!という事も起こりにくいので安心して打てる状態です。

パチンコは基本的に、この確変を引いて当たりを連続させることによって玉を増やすことを目的にしています。
この当たりが連続して続くことを連荘(レンチャン)といいます。 午前は麻雀用語からです。
2連荘とか3連荘などと言います。

通常確変タイプ

通常の確変タイプの場合は次回大当たりまで継続します。
次回の大当たり時に確変抽選を行って、多くの場合は奇数図柄があったら次回も確変が確定します。

このタイプの確変の場合、確変継続率が大体60%前後が多いです。

STタイプ

次にSTタイプと呼ばれる確変について説明します。
STはスペシャルタイムの略です。 じゃあどこがスペシャルなんでしょうか?
先ほどの確変は次回大当たりが確定していて、その大当たりが確変大当たりであれば確変が継続するとお話ししました。

このSTというのは次回大当たりした場合、次回の確変が確定します。

その代わり、〇〇回転したら通常に転落するなど縛りがあります。
またSTタイプは確変継続率が高めな機種が多いです。

ポイント

  • 通常確変:次回の大当たりが確定している。次回の確変を大当たり時に抽選する。 確変継続率は中間くらい。
  • STタイプ:次回の大当たりは確定していない。 大当たりした場合は次回の確変が確定している。 確変継続率が高め。

上記のポイントはあくまでも傾向ですので、一概には言えませんが覚えておくとより一層パチンコを楽しむことが出来るでしょう。

パチンコの時短ゾーンについて

確変が終わったあとに突入するゾーンになります。
こちらも玉は減りにくい状態です。

ですが通常時と大当たり確率が同じなので当たったらラッキー程度に思ってください。

パチンコのスペックの確認について

パチンコにはスペックと呼ばれるものあります。
初心者にとっては難しく聞こえるかもしれませんが実は簡単です。

知ることでより一層パチンコを楽しむことができるので是非この項目も見てみてください。

甘デジ、遊パチ

初心者にオススメのスペックです。

通常の機種は大当たりの確率が大体1/350前後になっているのですが、この機種は大体1/100前後になっています。
なのでかなり大当たりを引きやすいものになっています。

特徴

  • 初当たりが軽い。
  • 当たった後の恩恵が低い。
  • 確変に入ること自体が厳しい台もある。

ただし、確変継続率が低かったり。確変に入ること自体が厳しかったりします。
当たった後の恩恵が低いのも特徴ですね。

ですが熱い演出が出やすかったり、当たりやすいのでパチンコの楽しさを手軽に楽しむことが出来ます。
それが好きで打ち込んでいる人もいるほどです。

ミドルスペック

現在の主流になります。 パチンコと言えばこちらのスペックというくらい王道な台になります。

大当たり確率が1/320前後になっていて、基本的に奇数図柄が当たったら確変に突入する仕様になっています。
初辺りが重いのが特徴で、その代わりに確変大当たりに当選したときの恩恵が大きいものになっています。

パチンコで勝ちたい!と思っている人のほとんどはこちらの台を打っているでしょう。
それくらい確変に入った後の恩恵が大きいのです。

特徴

  • 初当たりが重い。
  • 確変大当たりが当たった後の恩恵が大きい。
  • 大当たりを引いたとしても確変が当たらないこともある。

その代わり初辺りまでの投資額も1万以上投入する場合がほとんどなので、初心者の方にはあまりオススメできません。
一日中打っても当たらなかったとか、初辺りが確変じゃなかった。

などもざらにあるので、打つときはパチンコに慣れてからのほうが良いでしょう。

ヤメ時について

いつヤメたらいいのか?についてですが、いつヤメても特に問題はありません。
ですが基本的なヤメ時は存在します。

代表的なヤメ時

  • 大当たり終了後、時短モードを抜けて通常に戻る。
  • 自分で決めた資金の範囲を超えてしまった時。

パチンコの抽選方法は基本的にいつヤメても変動することはありません。
通常モード時はいつヤメても損することはありませんので、自分の軍資金と相談して続行するかヤメるのかの判断をしてください。

換金方法について

大当たりが出て十分に楽しんだら景品を交換しましょう!
玉をICカードに記憶させてカードで交換するお店と、古いところだと玉を箱に積んで精算機でレシートと交換してくれるお店の2種類があります。

慣れないうちは店員さんを呼んで聞いてみるといいでしょう。
何度も言いますが、店員さんは初心者さんにやさしいです笑

次にホールのカウンターまで行って、ICカードもしくはレシートを店員さんに見せて景品と交換してもらいます。

こういう景品と交換してもらいます。 特殊景品と呼びます。

これをもって店舗外に景品交換所に向かいます。

店舗で特殊景品と交換する

おそらく初心者にとって一番の難所がこの交換所を探すことです。
ベテランの人でも、初めて行く店舗の交換所を探すのは苦労することすらあります。

一番楽なのは店員さんに聞くことです。
ここで聞き方にコツがあります。

  • 換金所とは聞かない。
  • 持っている特殊景品を見せて、これを持っていく場所はどこですか?と聞く

上記2点を守ればほぼ問題なく教えてくれると思います。
店舗によっては、どうしても教えてくれないところもあります。(店舗ルールで決まってたりすることもある)

なので、店員に聞いて教えてくれなかったとしても責めないで上げてくださいね。
その場合は他のお客さんで交換する人がいたら、その人に着いていくのも一つの手ですよ。

景品交換所で現金と交換する

景品交換所に行くと、こういうところが見えてくると思います。

こちらの手前に何かを入れるボックスがありますよね? そこに特殊景品を入れて奥に押し込みます。
すると中に入っている人が、現金と交換してくれます。

コンピュータで管理しているはずなので、お金の数え間違いとかは基本的にないです。
ですが念のため自分でもきちんと数えて下さいね。

もし金額が間違っていた場合は、その場で申告すれば修正して渡してくれます。
その場を離れると申告は無効になるので注意しましょう。

何故換金できるのか?

実は法的にはカジノは禁止されています。
もう少し詳しく書くと、金品や価値あるものを賭けてギャンブルすることを法律で禁止しています。

これを賭博罪と言います。

「刑法第185条
賭博をした者は、五十万円以下の罰金または科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」

と法律で明記されています。 つまり違反した場合はお店もお客も罰金刑という事です。
では何故みんな捕まらずにパチンコを楽しめるのでしょうか?

それには法律的な根拠が有るので安心してください。

三店方式について

その根拠が三店方式と言います。

結論からお伝えすると、お店とお客さんの間に景品交換所を挟むことで合法にしています。
詳しく説明します。

このようにあくまでもお店とお客さんとのやり取りは、遊戯を通して景品をお渡しするだけになっています。
なのでお店と金品の取引は0です。

この特殊景品を景品交換所で現金と交換をします。

ここで重要なのが、景品交換所とパチンコ店は無関係という点です。

なので景品交換所で現金と交換しても、お店は無関係なので法律上問題なしとされるのです。

このお客とお店と景品交換所の関係性を三店方式といいます。(厳密には景品の卸業者も関わってきますがややこしいので割愛します)

ここで「いやいや、お店は通してないけど実際現金と交換してるでしょ!」と疑問に思う方もいるでしょう。
その疑問はもっともです。

もちろん世間的にも、これが建前で実際はギャンブル行為だと分かっている方も多いです。
ですが、23兆円規模ともいわれるパチンコ市場を一斉に閉じるのは経済的ダメージも大きいので合法にしている向きもあります。

また、この三店方式も元々は大阪警察のトップの人間が考案した法律の抜け道になります。(初めは大阪方式と呼んでいた時期もありました)
元は戦後の職業難の時期に、少しでも雇用を増やす目的の為に考案したようです。

パチンコについて最後に

パチンコは実質ギャンブルで有り、勝つも負けるも自己責任です。
ですが、ちゃんと自制して使う金額を間違えなければ非常に楽しい遊戯です。
最後にパチンコについてまとめましたので、是非ご参考にして下さい。

  • パチンコの貸玉の値段について
  • パチンコの遊び方について
  • パチンコの大当たりについて
  • パチンコの確変について
  • パチンコの時短ゾーンについて
  • パチンコのスペックの確認について
  • ヤメ時について
  • 換金方法について

初心者の方ほど無理にお金を突っ込んで困りやすいので、行く前には使う以上のお金は持っていかないように注意してくださいね。

この記事を読んだらあなたも早速お店に遊びに行ってみましょう!

関連記事
ギャンブル図鑑Vol.7「スロット」
ギャンブル図鑑Vol.4「カジノ」
ギャンブル図鑑Vol.3「オンラインカジノ」

-ギャンブル
-,

Copyright© ギャンブル図鑑 , 2020 All Rights Reserved.